Collection > Pitti UOMO



Shirt In Reality



01  素材  01

原綿:蝶矢シャツの理念を体現し続けるためには、強く美しい綿花種の保存と育成が不可欠だった。1993年、蝶矢シャツと長らく協業してきた東洋紡が「シーアイランドコットン」と「ピマコットン」の交配種の綿花栽培に成功。シャツ生地には、「シーアイランドコットン」の持つ光沢となめらかな感触、「ピマコットン」の持つ繊維の長さと強靭さを融合した革新のハイブリッド原綿「マスターシード®」を採用した。


02  紡績

19世紀の終わり、アジアで初めて工業的紡績を始めた日本の東洋紡。現在も上質素材を生産する東洋紡国内工場(井波)にて生産されたマスターシード®極細番手糸を使用。.


03  型紙  03

130年分の型紙の精査、既製品のみならずビスポークで培った知恵を全て注ぎ込んだ自社オリジナルパターン。独自のラインと曲線を多用した超立体設計により、体の丸みに柔らかくフィットする美しいシルエット・運動性・着心地を極限まで追及したパターンを採用した。


04  縫製仕様

正確無比なサイズスペックを実現するマシンメイド10ヶ条
低速立体縫製:最適な運針:1本針本縫い:極細2mmの裾巻き:袖の後付け:袖伏せスクイ縫い:ラジアルスクエアタイプ釦ホール:地縫い返し:根巻き:オリジナルの白蝶貝ボタン



The Shirt

01  PHOTOGRAPHER SHIRT

Atsushi Nakamichi – Architecture Photographer

「尊敬する写真家、アーヴィング・ペンが自身のポートレートでいつも白いシャツを着ていて、それは被写体に向けた敬意なんだなと思っていました。この清々しいシャツに袖を通して、ようやくペンに近づけたような気がします」

02  ARTIST SHIRT  02

Shungetsu Nakamura – Flower Artist

「パーティに出向いて花を活け、そのままゲストとして同席することが多く、動きやすくてラフになり過ぎないシャツを探していました。このシャツは美しい生地で繊細なディティールなのに着崩れず、僕の理想のシャツです」

03  CHEF SHIRT

Shinichi Sato – Chef, Co-owner Passage 53

「身体に沿うミニマムなシルエットが好みで、パリの老舗シャツ店のビスポークも結構パターンに手を加えてもらいました。日本で作った蝶矢シャツは、僕が言葉にできなかったわがまままで叶えてくれて、手放せなくなりそうです」